コットンおりものシートのデメリットってあるの?


デリケートゾーンの不快なかゆみやかぶれを解消してくれる「悩める女性の救世主」になれそうなコットン素材のオリモノシート。
コットンは天然素材で肌に優しいし、デメリットとなるような問題点なんてあるの?と思う方もいるかもしれませんね。

実際私は最近はオリモノシートといえばほとんどコットン素材のものばかり使っていますが、使用する上での大きなデメリットを感じたことはないといってもいいでしょう。
強いてデメリットを挙げるとするならば、
「化繊のオリモノシートに比べて若干割高」
「急に必要になったときに、手軽にコンビニなどで買えないことがある」
の2点でしょうか?
巷の大手ドラッグストアなどでは、最近では実にさまざまな種類のオリモノシートが販売されています。
その中には化繊のものもあれば、コットンのものもあります。
そこでオリモノシートを購入しようとして値札を見ると、コットンのオリモノシートは化繊のものと比べて若干割高であることに気づきます。

また、オリモノシートを交換しようとしたら、切らしていた!
こういう時、皆さんも私も、まずはコンビニへ行きませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>