生理用ナプキンの種類 


現代は、生理用ナプキンは「軽い日用」から「多い日の夜用」まで、実にバラエティに富んでいます。

現代は、生理用ナプキンは「軽い日用」から「多い日の夜用」まで、実にバラエティに富んでいます。
おかげで、女性達は生理中でもそうでない時と同じように仕事をして遊びを楽しめるし、旅行にも行けるようになりました。
私の場合は、最初に生理用ナプキンを使ったときには既に「昼用」「夜用」更にはごわごわと厚い「普通タイプ」だけではなく「薄型」などの色々な商品が販売されていました。
薄型が段々と主流になってきた現在でもその傾向はありますが、当時は価格で言えば薄型のほうが若干割高で、当時の私は自宅で過ごすときは普通タイプ、学校やその他の用事で外出するときは薄型タイプと、それぞれ使い分けていました。

更にそれらは使用感によって「さらさらデオドラントタイプ」「ふんわり不織布タイプ」(こんな名称だったかは覚えていませんが)の2種類がありました。
前者は経血をすばやく吸収して閉じ込める、後者は肌触り重視といったところでしょうか。
私は両方とも使ったことがありましたが、「不織布タイプ」は量の多い日に使用すると「ふんわり」というよりは「べっちょり」という感触がして、あまり快適とは言えませんでした。
案の定、その後世間で一般的になっていったのは「デオドラントタイプ」のナプキンの方でしたね。

私は「コットン素材の生理用ナプキン」というものにはまだ馴染みがないのですが、最近では洗って繰り返し使える「布ナプキン」というのも登場しています。
別名「エコナプキン」と呼ばれることもあるこの布ナプキンは、化繊のナプキンと違って生理中の体を冷やさない、身体に優しいなどと言われていますね。
ナプキンによるデリケートゾーンのかゆみやかぶれに悩む女性が増えている昨今ですから、今後はそういった観点からもコットン素材や布のナプキンが、もっともっと一般的になっていくのかも知れないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>