デリケートゾーンが臭くなる理由


デリケートゾーンは、健康な成人女性ならある程度においがあって当然と言えます。

デリケートゾーンは、健康な成人女性ならある程度においがあって当然と言えます。
なぜなら、デリケートゾーンからの分泌物にはデーデルライン桿菌という常在菌が存在し、これは乳酸菌の一種だからです。
従って、健康な成人女性のデリケートゾーンは、チーズのような、またはヨーグルトをもう少し発酵させたようなにおいがします。
これは正常ですから、「自分のデリケートゾーンは臭い!?」と過剰に気にする必要はありません。

しかし、オリモノシートやショーツを長時間交換しなかった場合などは、それが「くさっ!」というにおいになっている場合があります。
これが自分のデリケートゾーンのにおいかと思うと、ぞっとすると同時に哀しくなるくらいです。
なぜでしょう。
それは、高温多湿・そしていわば密閉空間ともいえるデリケートゾーンは、雑菌の繁殖にとって最適な環境だからです。
デリケートゾーンには、腋の下やへその穴と同じように「アポクリン汗腺」というにおいの強い汗を出す汗腺が多く存在します。
アポクリン汗腺から出る汗にはタンパク質や尿素などが多く含まれており、それを餌にして雑菌が繁殖し、強いにおいを発します。
デリケートゾーン、腋の下、へその穴、どれも密閉空間で雑菌の繁殖を助長する環境であることも、においのもとと言えるでしょう。
これが腋の下で起こった現象だと「わきが」と呼ばれますし、へその「ゴマ」がとても臭いメカニズムも同じです。
しかもデリケートゾーンにはアポクリン線だけでなく、経血やオリモノ、更には尿や汗など、あらゆる分泌物が存在するといっても過言ではありません。
「におうな!」という方が難しい環境ですから、せめて清潔を心がけたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>