デリケートゾーンが痒くなる原因


特にデリケートゾーンは、かゆいからと言って人前でかくわけにもいかず、多くの女性達の悩みの種となります。

暑くて湿度の高い夏になると、デリケートゾーンの悩みを抱える女性が増えるといいます。
このかゆみは常時かゆいわけではなく、身体の他の部位がかゆいときと同様、身体が温まったときやかゆみのことを考えた時などに猛烈にかゆくなる傾向があり、非常につらいものです。
特にデリケートゾーンは、かゆいからと言って人前でかくわけにもいかず、多くの女性達の悩みの種となります。
さて、この悩みの種・デリケートゾーンのかゆみには、感染性のものと非感染性のもの、つまり「他人にうつるもの」と「うつらないもの」の2種類に分かれます。
非感染性のもので最も多いのは、他の部位の皮膚と同じで「接触性皮膚炎」いわゆる「かぶれ」によるものです。
手や顔がかぶれる場合も原因は様々ですが、デリケートゾーンがかぶれる原因は生理用ナプキンやオリモノシートなどによる蒸れや摩擦が多いようです。
この場合、ナプキンやオリモノシートの形どおりに女性性器周辺が赤くなるといった現象も見られます。
その他にも、自分の尿や石鹸や化繊の下着などが原因でかぶれることもあります。

感染性のものの場合は、カンジダ膣炎、白癬症、トリコモナス膣炎、尖形コンジローム、ヘルペスなど、性病と言えば一度は聞いたことがあるような疾患が並びます。
どの疾患もかゆみだけではなく、デリケートゾーンの皮膚そのものに腫れやできものなどが出来ることが多いのが特徴です。
ただしこれらの疾患は、全てが必ず性行為によって感染する疾患というわけではありません。
幼児が公衆浴場などで感染することもあるし、カンジダなどは過労、抗生物質の服用などで膣内の善玉菌が死んでしまうことによって発症することもあります。
もしもこれらの疑いがあるときは、素人診断をしないでなるべく早く婦人科を受診することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>